<< 原稿用紙ほぼ3枚分の小説==自動運転の車3の3 | main | 原稿用紙ほぼ3枚分の小説==しなびた金2の2 >>
2020.01.19 Sunday

原稿用紙ほぼ3枚分の小説==しなびた金2の1

0
    JUGEMテーマ:小説を書くために

    数年前に未亡人になり、実母は一人暮らし。年齢は80代半ば。長女の私は車で20分の距離に居住。弟たちは遠居のため、長女の私が実母を買い物や病院などに連れていきます。
    実母の難点は寂しいがために、相手が誰ともわからない電話に受け答えしてしまうこと。
    今日は病院に行き、実家で昼食。食後にコーヒーを飲んでいると、実母が話し始めました。

    実母 この間ね、リサイクル会社から「不要品はありませんか」って電話がきたんだよ。「いらない洋服とか着物はないか」とかしつこかった。
    長女 お母さん、何て答えたの。

    実母 そんなのないって言って、はいはいって話を聞いていたらさ、最後は「金はありませんか」って。
    長女 やっぱり、そうきたか。

    実母 「金の指輪とかネックレスとか、もう身に着けないものとかありませんか?」って。以前に売ってしまって、もうないよって言ったんだ。
    長女 本気にしたかな。

    実母 しないしない。「引き出しとかにまだあるかもしれませんよ」だって。
    長女 うわ、危ない。

    実母 とにかくないって言ったんだけど、それでもしつこいんだ。「一度伺って、見てみましょうか」って。
    長女 うわあ、そうくるのか。

    実母 しつこいからさ、からかってやることにしたんだ。
    長女 なんて?

    実母 あ、古い金ならあったけど、古いのはだめだよねって。
    長女 古い金?

    実母 ハハハ、古い金だよ。
    長女 それは何?

    実母 向こうは「古くてもいいですよ。ぜひ見せてください」って。
    長女 わあ、しつこいね。

    実母 しつこかったけど、母さんも負けずに、古くて汚いからだめだって頑張った。向こうは「古くて汚くても大丈夫ですよ」って食い下がってきた。
    長女 そんでそんで?

    実母 いやだめだ。古くて汚くてしなびてんだって言った。
    長女 しなびてる?

    実母 うん、そしてね、古くて汚くてしなびてる金だしね、それにもう燃やしちゃったんだって言ったの。
    長女 燃やしちゃった?

    実母 そしたら向こうはね「え?燃やしたんですか?」って不思議そうに聞いてきたんだ。
    長女 金は燃えないでしょ。

    実母 電話の向こうの若い男性に言ったんだ。「うちにあったのは古くて汚くてしなびた金だけど、あんたは若いからピカピカ。金ピカだよね」って。
    長女 あんたはピカピカ?それって……。

    実母 わかった?亡くなったとうさんの話をしたんだよ。
    長女 いやだー!母さん!エッチ!

    実母 若い男性は「あ、若いから金ピカって……えー!そういう意味ですか!」って。「お母さん、面白い!グッジョブ!」って言ってゲラゲラ笑ってた。
    長女 グッジョブ!母さん、さすがだね。その話、もうネット上に載っているかもね。

                   またおみょうにち!
    2020.01.21 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      本はamazonフリーサーチからどうぞ!なお、本文中の書名の上、またはビジュアルの上でクリックすると、amazonに直接リンクします。
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM